本と映画と時々語学

書評、映画評、時々語学学習や時事ネタなど書き綴りたいと思います。

映画『エイミー』

初めてオーストラリアの映画をご紹介します。

小さな女の子が主人公の映画『エイミー』のレビューです。

「子どもを主人公にすれば素人は泣くと思ってるんだろう!?」と言った人をバッサバッサ倒してきたであろう本作は、お気に入りの作品の一つです。

「新しいスタート」の項目から核心ネタバレになりますので、観ていない方はご注意を。

 

  • あらすじ
  • もがく母子の姿
  • 家族をもう一度つなぐもの
  • 新しいスタート
  • 人間の再生
  • おわりに

 

あらすじ

エイミーの父で人気ロックスターのウィル・エンカーは、ステージ上の事故で感電死していた。

父親の死を目撃して以来、エイミーは何も聞こえず、何も話せなくなってしまう。

エイミーが学校に行っていないことを追求する福祉局から逃れ、都会に引っ越したエイミーと母タニア。

新しい家の近所は一癖ある人だらけだったが、売れないミュージシャン、ロバートの弾き語りになぜかエイミーは反応を示し、話せなくても歌うことはできるとわかる。

 

続きを読む

ヒロインが活躍する映画10選

ヒロインが恋愛以外の領域でもかっこよく活躍する映画をまとめてみました。

恋愛で活躍するのはお約束のため、それ以外の活躍がみとめられた作品のみ計上しています。

 

 

続きを読む

映画『マイケル・コリンズ』

アイルランド独立戦争を巡る歴史映画をご紹介します。

イギリスの支配に抵抗し、アイルランド独立のため闘ったマイケル・コリンズの生涯を映画化した作品のレビューです。

リーアム・ニーソンアラン・リックマンジュリア・ロバーツなど、錚々たるキャストで映像化されました。

事前知識なしで観た場合は疑問が残る部分もあると思うので、レビューするとともに、歴史的背景を補う解説ができればと思います。

 

 

あらすじ

1916年のダブリン。

イギリス軍との市街戦になったイースター蜂起で、マイケル・コリンズの独立活動家としての名が知られることになる。

蜂起は失敗するものの、刑期を終えて出所したコリンズは、ゲリラ戦に類稀な才能を発揮し、イギリス軍を手こずらせる。

ゲリラ戦の快進撃により形勢はIRA(アイルランド共和軍、イギリス軍への抵抗組織)に有利となる。

しかし、休戦後のイギリス政府はアイルランド全体の独立を認めず、北アイルランドイギリス連邦に残留させようとしていた。

続きを読む

ドラマ『デスパレートな妻たち』で学んだ英語表現

過去にレビュー記事でドラマ『デスパレートな妻たち』のことを書きました。

作品の内容に絞った記事でしたが、今回はこのドラマで何度も出てきて覚えてしまった英語表現をご紹介します。

英語が堪能な方には今さらな表現ばかりだと思うのですが、英語圏で暮らしたことがない私にとっては「へえー」と思うことが多かったのでまとめてみました。

 

  • have an affair=不倫する
  • see someone=誰かと付き合う
  • We need to talk.=「話し合いましょう」
  • It's a deal.=「交渉成立」
  • find oneself project=やることを見つける
  • おわりに

 

続きを読む

映画『サイダーハウス・ルール』2

映画『サイダーハウス・ルール』のレビューの続きです。

 

  • 成長物語として
  • ルールと信念
  • 人間の浅ましさと温かさ
  • 希望を感じさせるラスト
  • おわりに

 

続きを読む

映画『サイダーハウス・ルール』

胸がいっぱいになる、若者の成長物語をご紹介します。

ある孤児の成長と半生を描いた映画『サイダーハウス・ルール』です。

同名の原作小説がありますが、未読のため映画に絞ってレビューを書きます。

タイトルの意味は、サイダー用のりんごの収穫小屋に掲げてあった規則のことです。

主人公の育ての親を演じたマイケル・ケインアカデミー賞主演男優賞を受賞した作品でもあります。

核心まで惜しみなくネタバレしながらお送りします。

感動しすぎてレビューが長大になったので、2つの記事に分けて書きます。

 

  • あらすじ
  • タイトルの意味
  • 主人公ホーマーについて
  • 堕胎というテーマ

 

あらすじ

メイン州ニューイングランドの孤児院で生まれたホーマーは、何度か養子にもらわれかけるも決まって孤児院に返されてきた。

彼は成長して小さな子どもたちを世話するようになった他、禁じられていた堕胎を施術していた院長、ウィルバー・ラーチ医師から医術の薫陶も受けていた。

ある日ホーマーは、堕胎のために訪れた女性キャンディと、その恋人で軍人のウォリーに出会う。

外の世界を知りたかった彼は、2人に連れ出してくれるよう頼み、孤児院から巣立つことになる。

惜しまれながら旅立ったホーマーは、ウォリーの実家のりんご農園や、キャンディの父が営むロブスター漁を手伝いながら、これまで知らなかった世界を知っていく。

 

続きを読む

映画『わたしを離さないで』

カズオ・イシグロ原作の小説を映像化した作品のレビューです。

原作にかなり忠実に映画化されています。

切ない映画を観て泣きたい時におすすめしたい作品です。

原作の小説もとても好きです。

 

  • あらすじ
  • 不思議な子ども時代
  • 寂寥感ある映像
  • 人間であり人間でない
  • 生命と倫理
  • おわりに

 

あらすじ

幼い頃から寄宿学校で兄妹のように育ったキャシー、トミー、ルース。

3人の暮らす学校ヘイルシャムは外界から隔絶されており、生徒たちは買い物すらしたことがないまま成長した。

一定の年齢に達すると学校を卒業し、提供者ないしは介護人になる。

小さな頃から想いを寄せていたトミーがルースと付き合いだしたのを横目に、介護人としての仕事を始めたキャシー。

彼女は介護人になってから9年が経過。

同じくヘイルシャムで育った人々が提供を終え、命を閉じていくのに何度も立ち会っていた。

 

続きを読む