本と映画と時々語学

書評、映画評、時々語学学習や時事ネタなど書き綴りたいと思います。

フランス映画

映画『君の名前で僕を呼んで』

Twitter界隈で今年話題になっていた本作を観てみました。ネタバレします。 あらすじ 初恋の儚さ 映像と音楽の美しさ 辛くても美しい 同性愛に普遍性を描く おわりに あらすじ 学者の父と博識な母を持つエリオは、自身も読書や作曲に親しむ知的で穏やかな少年…

映画『タイピスト!』

お洒落で可愛いフレンチラブコメディをご紹介します。 テンポが良く、観ているだけで楽しい美しい映像についつい引き込まれてしまいました。 ネタバレします。 あらすじ ローズとタイピング 優しい鬼コーチ ルイ 勝つことと幸せ おわりに あらすじ 1950年代…

映画『ロシュフォールの恋人たち』

フランスを代表する映画人のドリームチームで作られたミュージカル映画のレビューです。 ハリウッド映画『ラ・ラ・ランド』がオマージュを捧げている作品でもあります。 あらすじ 名作ミュージカル 映像の美しさ 遠くて近い様々な恋模様 おわりに あらすじ …

映画『スパニッシュ・アパートメント』

フランス・パリからスペインのバルセロナへ交換留学した主人公の青春・恋愛映画をご紹介します。留学あるある・学生あるあるにぐっとくる。

映画『奇人たちの晩餐会』

フランス発のシュールなコメディ映画をご紹介します。 「パリジャンは嫌な奴」というステレオタイプを全力で体現したかのような人物が主人公です。 あらすじ パリの出版社社長ピエールは、友人数人と、奇人変人を見つけては晩餐会に招き、その変わり者ぶりを…

映画『サラの鍵』

第二次世界大戦下、ナチスドイツに占領されたフランス国内で、ヴィシー政権(ナチスによるフランス傀儡政権)により多数のユダヤ人が一斉検挙される事件がありました。 ヴェル=ディヴ事件と呼ばれるこの出来事を扱ったフランス映画をご紹介します。 あらす…