本と映画と時々語学

書評、映画評、時々語学学習や時事ネタなど書き綴りたいと思います。

映画で学ぶスペイン語日常会話フレーズ

スペイン映画を観ていて何度か出てきた日常会話フレーズをご紹介します。

 

 

 

¿Qué te pasa?

「何があったの?」と聞きたいときに使います。

登場人物が突然泣き出したとき、ケガをしていた時、などなど汎用性の高い一言です。

 

Tranquila.

「静かになる」を意味する動詞の命令形で、「落ち着いて」「冷静になって」といった意味で使われます。

誰かが怒っている時や混乱している時に、宥めようとして使われることが多いです。

なぜか大体の人が”Tranquila, tranquila”と2回繰り返しています。

 

Claro.

英語で言うとclearにあたる、「明らかな、明瞭な」を意味する形容詞です。

「わかった」という意味で使われます。

君の言ったことを正確に理解したぜ、といったニュアンスです。

短いし、ドラマチックな場面じゃなくても、初級学習者にも使いやすそうな言い回しです。

 

¡Vale!

こちらもclaroと同様、「わかった」「了解」という意味で使います。

前項と少しニュアンスが変わる時があります。

テンション低めに繰り返して"Vale, vale"と言うと、「わかった、わかったから(もう良いよ)」といった雰囲気を醸し出します。

 

¿Cómo está?

何かの様子を人にコメントしてもらいたいとき等に使います。

新しい服を着てみたとき、髪型を変えてみたとき、 「どうかな?」と意見を求めたい時に使う一言です。

抱擁のかけら』でペネロペ・クルス演じるヒロインがメイクアップしている時、メイク担当者が言っていた気がします。

 

¡Ayuda!

動詞ayudarの命令形で、「助けて」という意味です。

パンズ・ラビリンス』で主人公オフェリアが、具合の悪くなった母のために助けを呼ぶ時使っていました。

オフェリアの声が悲痛すぎて一発で覚えました。

 

講義で習ったときは「へえー」としか思わなくても、映画の中で登場人物が実際に声に出しているのを聞くと、印象に残って覚えやすくなります。

ストーリーに基づいた台詞が出てくるので、「こんな風に使うんだ」とそのフレーズを利用すべき文脈も一緒に学べるのが更に良かったです。

聞き取れて嬉しい気持ちもあって、自分の進歩もわずかながら実感できました。

スペイン語力はまだまだ中級クラスですが、これからも頑張って続けていきたいです。

短いですが、今日はここまで。

 

 

 

CDブック これなら覚えられる!  スペイン語単語帳

CDブック これなら覚えられる! スペイン語単語帳

 

 にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村