本と映画と時々語学

書評、映画評、時々語学学習や時事ネタなど書き綴りたいと思います。

映画『ビフォア・サンライズ』

夏休みの1日の恋を描いた映画のレビューです。

学生時代に海外旅行に行ったことがある人は、思わず見入ってしまう作品ではないでしょうか。

 

 

あらすじ

ウィーンに向かう特急で、偶然近くの席に座ったフランス人の学生セリーヌと、アメリカ人の学生ジェシー

意気投合した2人は、翌日ジェシーの飛行機の時間が来るまで、ウィーンで一緒に過ごすことにする。

街を歩き回るうちに、会ったばかりの2人の仲は急速に深まって行く。

 

 

偶然の出会い

この恋愛を特別にしている要素の1つのは、セリーヌジェシーの2人が純然たる偶然で出会ったことです。
フランス人でソルボンヌ大学に通うセリーヌと、アメリカ人でテキサス在住のジェシーは、普段全く違う場所で生活しています。
お互いに長旅をしている最中、同じ列車に乗ったものの当初は近くもない席でした。
しかし、隣でドイツ人夫婦の口喧嘩が勃発したためセリーヌは離れた席に避難。
偶然隣にいたのがジェシーでした。
偶然に偶然が重なって初めて話した相手が、自分と気の合う人だったことから、2人は特別なものを感じます。

 

何気ない時間の共有

セリーヌジェシーは、ウィーンをそぞろ歩きながら、

レコードショップに立ち寄ったり、

話しながら食事をしたり、

占い師に自分がどんな人間か見てもらったり、

ビリヤードをしたり、

一人旅ではできないことを共有していきます。

元々、電車の中で出会った時から相通ずるものを感じていた2人ですが、

小さな体験の共有を通して更に意気投合。

1日程度という短い時間ですが、思い出を少しずつ積み重ねていきます。

何気ない場面の中で、セリーヌジェシーの気持ちが徐々に深まっていく様子が丁寧に描かれており、

一緒にウィーンで過ごしているかのように自然に感情移入できました。

色々なことを一緒に経験しながら、少しずつ相手のことを好きになっていく、そのこと自体は普通の恋愛と同じです。

しかし、この映画ではわずかな時間しか一緒に過ごせない2人の間で、その過程が強く凝縮されています。

この凝縮された恋の過程が、1つ1つの思い出を忘れられないものにしています。

 

言葉で語り尽くす

この映画の特徴として、とにかく台詞が多いことが挙げられます。

2人は一緒にいられる短い時間を惜しむかのように、自分自身を言葉で語り尽くし、また相手のことを知るために相手から言葉を引き出します。

色々なことを一緒にしてみるだけではなく、言葉でお互いを知り、理解を深めていきます。

セリーヌは社会問題に関心のある知的な学生、

ジェシーは感受性が強く優しい繊細な学生として、

それぞれのキャラクターもいきいきと丁寧に描写されています。

何となく雰囲気だけで距離を縮めるのではなく、

知性や教養を持った人間同士としてわかり合っていく、

深みのある物語となっているのも魅力の一つです。

 

美しいウィーンの街並み

2人が歩き回る町は、北米やアジアの大都市ほど賑やかでもなく、しかし何かが起こるには充分な出会いや物事のある都市ウィーンです。

ロマンチックさを演出するにも充分すぎるほどの情緒があります。

ヨーロッパの街でウィーンより好きな場所はたくさんありますが、この映画の舞台としては、街の規模感や雰囲気からベストな選択だったと思います。

 

おわりに

旅先で偶然出会った2人がウィーンで短いひとときを一緒に過ごすうちに恋に落ちる、

というあらすじを聞いたときは、なんて「いかにも」な恋愛映画なんだろうと思っていました。笑

実際に観てみると、予想よりはるかに丁寧にセリーヌジェシーの人物が描かれており、全く不自然さや強引さを感じることなく、物語のなかに入っていけました。

夏の素敵な恋愛物語を観たい、というかたにおすすめの映画です。

 

  

 

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]

 

 

 にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村