本と映画と時々語学

書評、映画評、時々語学学習や時事ネタなど書き綴りたいと思います。

映画『ニキータ』

 リュック・ベッソンの主要作品の1つ『ニキータ』をご紹介します。

本作が話題になったことから、ハリウッド版リメイクやドラマも製作されました。

 

あらすじ

薬物欲しさに仲間と薬局を襲撃したニキータは、警察官を殺した罪で終身刑を言い渡される。

しかし、薬物の投与を受けた後に目を覚ますと、ボブと名乗る政府の人間から秘密工作員として生きることを命じられた。

様々な訓練を受け、暗殺者として独り立ちしたニキータは、やがて彼女を受け入れてくれる恋人に出会う。

 

ときめきとハードボイルド

ニキータは厳しい訓練に耐えて成長する日々の中で、指導役であるボブと特別な信頼を築きます。

性格の幼いニキータにとっては無理難題とも思える課題を課すボブは、非情な教官に見えます。

しかし同時に彼は、ニキータが訓練から脱落しないようたまに手を差し伸べます。

一方、訓練を終え偽名で世に出たニキータは、心優しい青年マルコと出会います。

マルコは過去を語らないニキータを訝しがりつつも、何があっても愛するのは彼女ただ1人だと告げます。

ニキータは彼の愛に癒されつつも、ボブから否応なく過酷な任務を任され続けます。

2人の男性との間の純愛と、

ハードボイルドな場面の間で、

飽きさせない揺り戻しがあり、最後まで目が離せませんでした。

 

ニキータの成長

序盤のニキータは救いようのない不良少女です。

非行に走るだけでなく、言葉によるコミュニケーションがまともにできないばかりか、感情も制御できません。

怒鳴ったり叫んだり泣き喚いたり、ほとんど動物的と言ってもいい状態です。

けだもののようなニキータでしたが、

工作員として生きるか、それとも死ぬかのどちらか」

と言う選択を迫られた後は、徐々に変わります。

アマンド夫人の薫陶を受け、知的な淑女に少しずつ近づきます。

この世には限界のないものが2つある

女の美しさとそれを濫用することよ

と語るアマンドの言葉どおり、ニキータは2つの愛に翻弄されながらも、2人を翻弄する運命を歩むことになります。

出だしでは目も当てられない身なりだった彼女ですが、中盤以降は思わず見つめてしまうほど、美しい衣服も軽々着こなせる大人の女性に変身しています。

 

殺伐としたアクション

序盤からハードな銃撃戦や格闘の場面が続き、緊迫感が長く途絶えることがありません。
主人公がヒロインだからと言って、全く手加減なしです。
むしろニキータは反射神経や闘争心を見出され、ボブの秘蔵っ子として成長して行くことになります。
迫力あるシーンが断続的に挟まれ、アクション映画として目が離せない作品になっています。

 

おわりに

最初は動物じみた奇行を繰り返すニキータに決して共感できないと思いました。笑

しかし、彼女の変貌ぶりも恋の行方も、最終的には見守ってしまいました。

隅々までハードボイルドでありつつ、

ニキータの少女らしさを活かした恋愛要素も、

決して甘くなり過ぎないように盛り込まれています。

この2つの要素が巧みに同居しているところがベッソン先生の凄いところなのでしょう。

過激な純愛を観てみたいという方におすすめの映画です。

 

 

ニキータ [Blu-ray]

ニキータ [Blu-ray]