本と映画と時々語学

書評、映画評、時々語学学習や時事ネタなど書き綴りたいと思います。

ドイツの音楽 Glasperlenspiel

ドイツのエレクトロ・ポップバンド、Glasperlenspielをご紹介します。

バンド名は直訳すると「ガラス玉遊び」です。

ドイツの文豪ヘルマン・ヘッセの小説『ガラス玉演戯』から名づけられました。

 

  • Glasperlenspielのプロフィール
  • 透明感のある編曲と歌声
  • おわりに

 

続きを読む

映画『日の名残り』

人生の回想を軸とした、カズオ・イシグロ原作の映画をご紹介します。

原作の小説も読了していますので、そちらも意識しながらレビューを書きました。

ネタバレでお送りしています。

 

  • あらすじ
  • 仕事に人生を捧げた主人公
  • 一人称の回想
  • 回想に付随するテーマ
  • おわりに

 

あらすじ

英国の美しい田舎にあるダーリントン・ホールには、この邸宅に長年使える執事のスティーヴンスがいる。

彼は、屋敷の新しい主人が与えた休暇を利用して、かつての仕事仲間であったミス・ケントンを訪ねることにした。

一人旅の道中で彼は、かつての主人だったダーリントン卿が第二次大戦前夜に開戦阻止のため奔走していたことや、ミス・ケントンとの思い出を回顧する。

 

続きを読む

映画『モンスター』

実在した連続殺人犯であり、娼婦であった女性アイリーン・ウォーノスの半生を描いた映画です。

絵に描いたような美人のシャーリズ・セロンが大幅に体重を増やして殺人犯役に挑戦したことが大きな話題を呼びました。

彼女は本作でアカデミー主演女優賞を受賞しています。

ネタバレでお送りします。

 

  • あらすじ
  • アイリーン・ウォーノスという人物
  • モンスターは最初からモンスターだったのか
  • 踏みつけにされた女性性
  • 誰がモンスターを生んだのか
  • おわりに

 

あらすじ

娼婦のアイリーンは、ある夜偶然出会ったレズビアンのセルビーと恋に落ちる。

互いに好き合っているセルビーと一緒に過ごす金を稼ぐため、アイリーンは売春をしていたが、ある時暴行してきた客を殺してしまう。

売春以外の仕事を得ようとするも上手くいかず、収入がないことをセルビーに詰られたこともあり、結局は娼婦に戻ることになる。

しかし、理性の箍が外れていった彼女は何件も殺人を重ねていってしまう。

 

続きを読む

ブログについて4

7月が終わりましたので、ブログについてまとめてみます。

 

7月の数字

7月のPVは、ひそかに目標としていた7500を超えることができました。

何度かはてなブックマークからの流入を獲得した記事があったようで、それらが貢献しての数字となりました。

また、7月31日時点で読者登録いただいている方の数は、140名以上となりました。

こちらも、前月末から40人ほど増加ということで嬉しい結果です。

記事総数は130を超えました。

これからも読んでいただける記事を少しずつ書いていきたいです。

 

ご紹介いただいた方々

7月は、3名の方にご紹介をいただきました。

ありがとうございます。

www.helio5.com

lynyrdburitto.hatenablog.com

nagi1995.hatenablog.com

フランス映画の知識が少ないので、ニール・スキナードさん(id:lynyrdburittoさん)の記事の知識量に圧倒されています。

シェルブールの雨傘』で好きになったドヌーヴの出演作品が沢山紹介されていましたので、それを観ていつか新たなレビューを投稿できればと思います。

 

ブックマークの多かった記事

7月は10以上のブックマークを頂いた記事が複数ありました。

最多は『ガタカ』の20ブックマーク。

kleinenina.hatenablog.com

SF映画のレビューは現時点でほとんど書いていませんが、今後も印象的な作品をまたご紹介できればと思います。

次点は『硫黄島からの手紙』の19ブックマーク。 

スターはこちらの方が沢山いただいていました。
kleinenina.hatenablog.com

3位はドラマ『リベンジ』の17ブックマーク。

これまで全く人と感想を話したことのないドラマでしたが、コメントやブックマークを頂けて嬉しい驚きでした。

kleinenina.hatenablog.com

 このほか、『道』が12ブックマークをいただきました。

ありがとうございました。

kleinenina.hatenablog.com

 

更新作業について

一日ほど途切れましたが、ほぼ毎日更新と言うルールは概ね守れました。

ただ、進めようと思っていたリライト作業が思うように進まず。

仕事柄、家におらずPCで作業できない日が多いため、更新作業で精一杯というときが長いです。

あまり文章の内容は変えず、体裁を整えるくらいですが、少しずつでも進めていきたいです。

 

  

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

 

広告を非表示にする

映画『奇人たちの晩餐会』

フランス発のシュールなコメディ映画をご紹介します。

「パリジャンは嫌な奴」というステレオタイプを全力で体現したかのような人物が主人公です。

 

あらすじ

パリの出版社社長ピエールは、友人数人と、奇人変人を見つけては晩餐会に招き、その変わり者ぶりを眺めて悦に入る趣味があった。

彼は、ある日マッチ棒で模型を作ることに傾倒している税務局員フランソワ・ピニョンを晩餐会に招待する。

しかし、会の直前に腰を痛めたうえ、喧嘩をした妻クリスティーヌに家出されてしまった。

キャンセルの連絡が間に合わず、ピエール宅まで来てしまったピニョン。

ピエールは彼に頼んで医師を呼んでもらおうとするが、それはこの夜を通して続く喜劇の始まりであった。

 

シュールなドタバタ喜劇

主人公のピエールは非常に嫌な奴です。

奇妙な人を見つけて笑いものにする晩餐会をわざわざ開く意地の悪さの持ち主です。

妻のクリスティーヌもそんなところが嫌いだと言い、出て行ってしまいます。

そんな彼がピニョンの巻き起こすドタバタ喜劇で踏んだり蹴ったりの災難に見舞われるのが本作のメインストリームです。

戻って来てくれた妻が追い返されるわ、愛人と決裂するわ、昔の恋敵に情けない姿を見られるわ、散々な目に遭います。

最初はピエールを意地悪な奴だなと思っていても、あまりの受難ぶりに途中から憐みすら覚えます。

しかし、すごく良い人がトラブルに巻き込まれる話だと、観ている方は可哀想と感じてしまうので、「嫌な奴が報いを受ける」くらいの仕上がりにした本作は正解だったのかもしれません。

呼び出されてこの喜劇に参戦するジュストが、常識人ポジションを取っているのも絶妙なバランスです。

 

コンパクトに展開するコメディ

一夜の出来事としては信じられない密度の展開が繰り広げられますが、

空間的にはほとんどピエールの自宅を出ることなく話が進みます。

これだけの喜劇を一つの家の仲で引き起こすなんて凄いと感じたのですが、

そもそもこの映画の原作は舞台演劇なのだそうです。

映画の表現は、空間の縛りというものから大抵無縁に展開しますが、舞台演劇の場合は様々な制約がある中で、壮大なストーリーや長い時間に渡る出来事を表現していること、その凄さを間接的に実感しました。

派手なところはないけれど、喜劇が喜劇を呼ぶ前後のつながりや、ピニョンのキャラクターによってしっかり笑える展開になっているところが秀逸です。

 

おわりに

おそらくは仕事もそれなりに成功し、妻との家庭も築いて人生順調だったピエールに突然降りかかる災難の数々が、ピエールには申し訳ないけど笑いを誘います。

文化的背景や知識を問わず、その場の展開を楽しんで笑うことのできる、素朴だけど完成度の高いコメディです。

小さいおっさん・ピニョンの巻き起こす波乱の数々に目を奪われつつ、ピエールを生温かい目で見守るのが良いかと思います。

短いですが、今日は此処まで。

 

  

 

 

    にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 

J-POPをスペイン語で聴く

スペイン語学習者じゃなくても思わず動画をいくつか再生してしまうエクアドル人Youtuber、The Covers Duoを発見しましたのでご紹介します。

選曲、翻訳、パフォーマンス、全方位でアピール力を持つ2人組です。

 

The Covers Duo概要

エクアドル人の2人組が、様々な歌のカバーを発表しているチャンネルです。

その内容にJ-ROCKやJ-POP(て言うかアニメソング)が含まれているのが注目すべきポイント。

2人が何歳かはわからないのですが、デジモンアドベンチャーの主題歌や、

ドラゴンボールのテーマなど、アラサー日本人の思い出ど真ん中なラインナップとなっています。

その一方で、昨年どんなコンビニに行ってもかかっていた『前前前世』をカバーしているなど、バリエーションについても恐ろしい機動力を見せています。

驚きなのは、原語の日本語で歌っているのではなく、歌詞をすべてスペイン語に書き換えていることです。

意味や語感も何だか日本語歌詞に沿っています。

英語の歌は普通に原語で歌っているので、翻訳のひと手間を挟んでも伝えようとしている心意気に感動しました。

 

日本発カバー曲

「人気の動画」でソートするとアニメソングが軒並み上位を占めてました。

 一体どんな人が観てるんでしょうか、エクアドル人の皆さんなのでしょうか。

www.youtube.com

まずは、2016年の邦画を代表したヒット映画『君の名は。』主題歌。

最後の「購読してね」パートで後ろの壁に千と千尋のポスターが。

そして、ギターを弾いている後ろを犬が通過。

 

www.youtube.com

続いて、アニメソングの金字塔として名高いこちら。

屋内で録音しているからか、こちらのほうが楽器も声も良く聞こえます。

歌ってる女性のライトなコスプレから、曲だけじゃなくアニメ作品の方も含めた愛を感じる。。。

167万回再生されてました。

 

www.youtube.com

こちらも字幕がありませんが、ドラゴンボールの主題歌。

スペイン語で「クリリンギター上手いね」とコメントしてる人がいるほか、他のコメントもほとんどスペイン語なので、南米圏でアニメ好きな人が観てるのかもしれません。

 

英語やスペイン語の曲のカバーも

この2人を見つけたのは、Stand By Meのカバー曲を探していた時です。

サジェスト欄にデジモンアドベンチャーが出てきて「!?」となったのが全ての始まりでした。笑

"Stand by Me" - Ben E. King (Acapella Cover by The Covers) #76 - YouTube

英語曲もスペイン語訛りが可愛いです。

J-POP以上に大量の曲がアップロードされているので、ぜひご覧になってみてください。

 

     

前前前世 (movie ver.)

前前前世 (movie ver.)

 

 

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

映画『硫黄島からの手紙』

久々に日本語の映画を観ましたのでご紹介します。

クリント・イーストウッド監督『硫黄島からの手紙』のレビューです。

渡辺謙二宮和也加瀬亮など、ほとんどが日本人キャストで、ほぼ全編日本語のハリウッド映画です。

 

  • あらすじ
  • 硫黄島の戦いとは
  • 玉砕作戦と洞窟作戦
  • 兵士たちの群像劇
    • 実在の人物
    • 一兵卒たち
  • 演技について
  • おわりに

 

あらすじ

硫黄島の洞窟で調査にあたっていた硫黄島協会のメンバーは、ある日大量の手紙を探し当てる。

それは、戦時中に硫黄島で戦っていた日本軍の兵士たちが書き遺した、家族宛ての手紙だった。

遡って、戦局の決定的な悪化を迎えていた太平洋戦争下の日本。

小笠原の海に浮かぶ硫黄島には、陸軍きっての名称栗林中将が赴任した。

かつて会った西中佐との再会を喜ぶ彼だったが、間もなく硫黄島付近の兵力はすべて引き揚げられ、制海権も制空権もなく絶海の孤島に孤立してしまう。

また、大宮に家族を残してきた若者・西郷は、本土に帰ることを望みながらも目の前の状況に諦念を覚えていた。

 

続きを読む